ソフトバレーの審判をやっていると疑問に思うルールを紹介【ブロック編②】

前回に引き続いて、ソフトバレーのルールブック(JVAソフトバレーボール競技規則)の巻末に付録として掲載されている『ケースブック』から「ソフトバレーボールのブロックにおける疑問とその回答」を抜粋して紹介していきたいと思います。

前回までのブロックにおける疑問とその回答についてはこちらをご覧ください↓

あわせて読みたい
ソフトバレーの審判をやっていると疑問に思うルールを紹介【ブロック編①】
ソフトバレーの審判をやっていると疑問に思うルールを紹介【ブロック編①】今回はソフトバレーのルールブックの巻末に付録として掲載されている「JVAソフトバレーボール競技規則 ケースブック」からソフトバレーのブロックにおける疑問とその回...

なお、今回のQ&Aは公益財団法人日本バレーボール協会より発行されている『2019年度版ソフトバレーボール競技規則」から抜粋しています。

それでは引き続き紹介して解説していきたいと思います。

目次

疑問その6:ブロックが味方へのトスになった場合

質問者
相手のフェイントをブロックしようとしたらタイミングが合わなくて結果的に味方へのトスになったけど、これはブロックとみなされますか?
ルールブック
身体の一部がネット上端より高いか低いかで判断します。
①ボールに接触したときにネットより高い位置に身体の一部がない場合:ブロックとみなされません。
②ボールに接触したときにネットより高い位置に身体の一部がある場合:ブロックとみなします。

ブロックの際にアタッカーがタイミングをはずしてきてフェイントやプッシュをしてきた場合、それに対応してボールを触りにいくと自然とボールを上に上げるような動作になってしまうと思いますが、ブロックかどうかは「身体の一部がネットより高い位置にあるかないか」で判断することになります。

ブロックかどうかの判断についてのルールはこちらの記事で詳しく解説しています↓

ソフバライフ
ソフトバレーボールのブロックのルールについて詳しく解説③ | ソフバライフ
ソフトバレーボールのブロックのルールについて詳しく解説③ | ソフバライフソフトバレーボールのブロックにおけるルールを1つ1つ見ていきながら、自分の経験も交えて説明していきます。 ブロックに関する全てのルールはこちらです↓ https://softv...

疑問その7:ジャンプはしているけど体がネットより上に出ていない場合

質問者
ブロックしようとジャンプしたけどタイミングが合わなくて、ネットより上に手がでる前にボールに触っちゃったんですがこれはブロックになりますか?
ルールブック
ブロックとはみなしません。
ブロックの形をしていても、接触したときのボールの高さに関わらず、身体の一部がネット上端より高い位置にない場合はブロックとみなしません。

こういった場面についてはジャンプしてもしていなくても関係なく、「ネットより高い位置に身体が出ているか」が重要になります。

たまに相手の叩きつけてくるボールをネット下で受けるようにブロックする場面もあるかと思いますが、その時にネットより上に身体が出ていなければブロックにはなりません。

疑問その8:ブロックの手が相手コートに出てしまった場合

質問者
ブロックしようとしたけどボールには触れなくて、そのまま手が相手コートに出ちゃったけどこれはオーバーネットの反則になりますか?
ルールブック
反則になりません。
ブロックの定義は「ネットの上端より上方で相手から送られてくるボールを阻止する行為」ですのでボールに触れていなければ反則にはなりません

相手コートに手が出てしまっていても、オーバーネットかどうかの判断はあくまでもボールに触れている場所になりますので、手が出ているだけでは反則にはなりません。

相手コートの基準については過去に「ソフトバレーのオーバーネットの基準」という記事でルールブックの画像つきで紹介していますので興味のある方はぜひご一読ください。

疑問その9:アタックの後の手がネットを越えてしまった場合

質問者
今度はアタックを打ったあとに手が相手コートに出てしまったんだけど、これも反則にはならないんですか?
ルールブック
反則になりません。
アタック時、ボールと接触した手・腕(身体)は味方空間内であり、手からボールが離れた後に手だけが相手方コートに出たのでオーバーネットの反則になりません。

ブロック同様に、相手コートに手が出ただけでは反則にはなりません。

アタックに関するルールについてはこちらで詳しく紹介しています↓

あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】本日もソフトバレーのルールについてルールブックの記述を紹介、解説していきたいと思います。【『アタックヒット』に関するルール】今回は『アタックヒット』について...

疑問その10:ネット上でボールに触った場合

男性の口コミ
味方がレシーブしたボールが相手コートに返りそうだったので、ネット上でトスにしちゃったけどこれは反則になりますか?
ルールブック
反則にはなりません。
ボールと手、腕(身体)の接触点が、ネットの上端の膨らみを越え相手コート空間上にあれば、オーバーネットの反則になります。

ネット上で触ったボールについては反則になりませんが、相手コート上に指が出てしまっていた場合、その部分にボールが触れてしまえば反則になります。

疑問その11:ボールの半分が相手コート上にあるボールをブロックした場合

質問者
ボールの半分がまだ相手コート上にあるボールをブロックしちゃったけど、これは反則になりますか?
ルールブック
反則にはなりません。
ボールと手、腕(身体)の接触点が、ネットの上端の膨らみを越えて相手コート空間上にあれば、オーバーネットの反則になります。

オーバーネットの反則の基準は「相手コート上でボールに触っているかどうか」ですので、ボールの半分がまだ相手コート上にあってもネット上や自コート上でボールに触れていればオーバーネットの反則にはなりません。

相手コート上の基準についてはこちらで画像付きで詳しく紹介しています↓

あわせて読みたい
ソフトバレーのオーバーネットの基準
ソフトバレーのオーバーネットの基準「オーバーネットのジャッジってよく話題になるけど本当の基準てどの部分なのか分からない」という人はいませんか?実際にオーバーネットって地域差や年代差がすごく大...

まとめ

ソフトバレーのブロックにおける疑問とその回答について、「JVAソフトバレーボール競技規則 ケースブック」から抜粋して紹介させて頂きました。

どれも試合になるとよく見る場面の1つですので、こういった疑問に答えてもらえるととてもありがたいですね。

ソフトバレーは審判については力を入れている団体が少なく、「地域ルール」がどうしても強くなりがちな印象を受けますが、私としてはやはり誰もが平等にソフトバレーを楽しむためにルールは統一すべきだと思っています。

ルールブックは毎年日本バレーボール協会から発行されていて購入はHPから行うことができます。

もしもルールブックの購入に興味がありましたら、『ソフトバレーのルールブックの購入方法を解説』している記事がありますのでよかったらそちらもご覧ください。

ルールブックには他にも多くのケースやその回答が載せされていますので、ぜひとも一度は購入して気になる箇所について調べてみることをオススメします。

あわせて読みたい
ソフトバレーの審判をやっていると疑問に思うルールを紹介【ブロック編①】
ソフトバレーの審判をやっていると疑問に思うルールを紹介【ブロック編①】今回はソフトバレーのルールブックの巻末に付録として掲載されている「JVAソフトバレーボール競技規則 ケースブック」からソフトバレーのブロックにおける疑問とその回...
あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【ブロック】
ソフトバレーボールのルール【ブロック】【ブロックのルールを紹介】ルールは日本バレーボール協会が発行している2020年度版『ソフトバレーボール競技規則』に記載されている内容です。(1) ブロックとは、選手...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる