ソフトバレーボールのルール【プレー上の反則】

今回はソフトバレーボールにおける「プレー上の反則」について紹介していきたいと思います。

ルールは日本バレーボール協会が発行している『2020年度版ソフトバレーボール競技規則』(ルールブック)に記載されている内容から抜粋しています。

こちら↓が2020年度のルールブックです。

「ルールブックの購入方法を解説」している記事もありますので興味がある方はよかったらご覧ください。

それではプレー上の反則について1つ1つ紹介していきたいと思います。

目次

フットフォルト

いわゆる「ラインを踏んだ」という反則です。
サーブを打つときに踏んではいけないラインについて定義しているルールです。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(1) フットフォルト

 サービスボールを打った瞬間、あるいはジャンプサービスをするため踏み切ったときに、コート(エンドラインを含む)や、サービスゾーン(あるいはショートサービスゾーン)外のフリーゾーンに触れていたとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

サーブを打つ前にラインを踏んだり、踏み越したりすると反則になります。

サーブを打つ瞬間までなので打ったあとは反則になりません。

つまりジャンプサーブを打って着地時にラインを、踏んだりこしてしまっていても大丈夫です。

サービス順の誤り

サーブ順を間違えた場合も反則になります。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(2) サービス順の誤り

チームが、サービス順を誤ってサービスを行ったとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

サーブ順を間違えてしまった事に気がついた場合ですが、サーブ順を間違えたローテまで巻き戻し、相手にサーブ権と1点が渡った時点でスタートになります。

他にもサーブの反則については「ソフトバレーのサーブのルールについての疑問と反則」という記事で紹介しています。

アウトオブポジション

正しいローテーションの位置にいなかった場合の反則です。

ソフトバレーでとられるのはサーブを打つときの位置関係だけで、サーブが打たれたあとはアウトオブポジションとなる反則はなくなります。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(3) アウトオブポジション

サーバーにより、ボールが打たれた瞬間に、サーバーを除く両チームの選手が、それぞれのコート内でローテーション順に位置していなかったとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

アウトオブポジションについてはちょっと厳密なルールというのが説明しづらいですが、詳しい内容が画像付きでルールブックに詳しく説明されていますので、また別の記事で紹介していきたいと思っています。

サービスの反則

サーブを打つときにやってはいけない行為についての反則です。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(4) サービスの反則

サービスしたボールが、

1) サービスのためトスしたボールを打たなかったとき。ただし、小学生を除く。

2) ネットやサーバー側の選手に触れたとき。

3) サーバー側のコート内の床に接触したとき。

4) ボールアウトになったとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

サーブはトスをあげたら必ず打たなければいけません。

打ち直しはできないということです。

革のバレーボールで見られるようなネットインも反則になってしまいます。

他にも「ソフトバレーのサーブのルールについての疑問と反則」についてこちらの記事で紹介しています。

アタックヒットの反則

アタックヒットの反則について書いています。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(5) アタックヒットの反則

相手チームがサービスしたボールを、ネット上端より完全に高い位置からアタックヒットして、それが完了したとき。

また、「ファミリーの部」でバックに位置した大人の選手が、ネット上端より完全に高い位置からアタックヒットして、それが完了したとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

これは要は「相手のサーブを打ち返したら反則ですよ」という意味になります。

他にアタックヒットについての詳しい反則はこちらで詳しく紹介しています↓

あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】本日もソフトバレーのルールについてルールブックの記述を紹介、解説していきたいと思います。【『アタックヒット』に関するルール】今回は『アタックヒット』について...

ブロックの反則

ブロックした時の反則について書いています。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(6) ブロックの反則

相手チームがサービスしたボールを、ブロックしたとき。

また、「ファミリーの部」でバックに位置した大人の選手がブロックされたとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

相手のサーブをブロックしても反則になります。

ブロックについての詳しい反則についてはこちらをご覧ください↓

あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【ブロック】
ソフトバレーボールのルール【ブロック】【ブロックのルールを紹介】ルールは日本バレーボール協会が発行している2020年度版『ソフトバレーボール競技規則』に記載されている内容です。(1) ブロックとは、選手...

オーバータイムス

「バレーボール」は3回までのタッチで相手コートに返さなければいけません。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(7) オーバータイムス

ネットを越えて相手コートに打ち返すために、ボールへの接触が、ブロックへの接触を除いて最大限3回を越えたとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

ブロックでのタッチは1回には数えられません。

ブロックの詳しいルール解説についてはこちらをご覧ください↓

あわせて読みたい
ソフトバレーボールのブロックのルールについて詳しく解説①
ソフトバレーボールのブロックのルールについて詳しく解説①ソフトバレーにおけるプレーで最も反則に関わるのって「ブロックの前後」ではないかと思います。オーバーネット、ドリブル、ホールディングなんかはほとんどブロックに...

ホールディング

ボールを持ってしまったり止まっているように見えたときに取られる反則です。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(8) ホールディング

ボールに接触中、明らかにボールが止まるようなプレーがあったとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

ここでいう「明らかにボールが止まっている」というのは明確な基準はなく主審の判断になります。

ドリブル

ボールを同じ人が2回連続で触ってしまったときに取られる反則です。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(9) ドリブル

ブロックの場合を除き、同一選手が、明らかに2度続けてボールに触れたとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

ドリブルとかホールディングはよく起こる反則なので、地域やレベルによって全然違う基準が設けられています。

ですが大事なのは「審判がルールを知っている上で自分の基準に則って判断を下していること」なので、審判の方には自信を持ってやってほしいといつも思っています。

タッチネット

ネットに触ってしまったときに取られる反則です。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(10) タッチネット

インプレー中に、ネットやアンテナに触れたとき。ただし、選手がインプレー中に支柱に触れてもタッチネットの反則にはならない。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

タッチネットについては2020年度のルールになった時に変更があり、「2020年度のルール改正について」という記事で変更点について詳しく紹介しています。

オーバーネット

相手コートにあるボールを触ってしまった時にとられる反則です。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(11) オーバーネット

ネットを越えて相手コート内にあるボールに触れたとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

審判をやってて基準が難しい反則の1つではないかと思います。

オーバーネットの基準については詳しい内容をコチラ↓の記事にまとめてあるので良かったらご覧ください。

あわせて読みたい
ソフトバレーのオーバーネットの基準
ソフトバレーのオーバーネットの基準「オーバーネットのジャッジってよく話題になるけど本当の基準てどの部分なのか分からない」という人はいませんか?実際にオーバーネットって地域差や年代差がすごく大...

パッシングザセンターライン

ネットの下にあるコート真ん中のラインを踏み越えてはいけないというルールですね。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(12) パッシングザセンターライン

センターラインを完全に越えて、相手コートに触れたとき。ただし、パッシングザセンターラインの反則で、片方の足(両足)または片方の手(両手)の一部がセンターラインに接触しているか、その真上に残っていれば許される。しかし、肘や膝、頭などの身体部分が相手コートに接触した場合は反則となる。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

線を踏んでしまうことはよくありますが、「完全に越えた場合」のみ反則になりますのでご注意下さい。

ボールアウト

ボールがアウトになる場合を決めているルールです。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(13) ボールアウト

1) ボールがコート外の物体やネット上方のアンテナのみに触れたとき。

2) ボールの全体またはその一部でもネット上部の許容空間外を通過したとき。

3) ボールが床に接触し、その部分が完全に区画線の外側であるとき。

4) ボールがネット下方の空間を完全に通過したとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

アウトの判定かどうかはとても重要なので、状況によって『完全に』なのか『一部でも』なのかは覚えておくといいかと思います。

ボールアウトについては2020年度のルールになった時に変更があり、「2020年度のルール改正について」という記事で変更点について詳しく紹介しています。

ダブルファウル

この名前だけだと想像しづらいかと思いますが、いわゆる『ノーカウント』になる場合を決めた反則になります。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(14) ダブルファウル

1) 両チームの選手が同時に反則をしたとき。

2) ネット上で、両チームの選手が同時に接触し、そのボールがアンテナに触れたときやアンテナ上方を通過したとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

プレー上の反則にあたるけど、どちらかの得点とも言えない場合にやり直しをするためのルールですね。

インターフェア

これは「相手のプレーを妨害したことによる反則」といったものになるかと思います。

ルールブックにはこういった文章で書かれています↓

(15) インターフェア

1) 相手チームの選手に接触し、その選手のプレーを妨害したとき。

2) 相手コート内にあるボールに、ネットの反対側から故意に触れてプレーを妨害したとき。

出典元:公益財団法人日本バレーボール協会『ソフトバレーボール競技規則』

基本的にバレーは相手のプレーを直接は邪魔できない競技という事ですね。

インターフェアについては2020年度のルールになった時に変更があり、「2020年度のルール改正について」という記事で変更点を詳しく紹介しています。

終わりに

プレー上の反則はたくさんありますが、ソフトバレーをやっている方なら普通に分かっている事がほとんどなんじゃないかと思います。

ただ、判定の難しい反則については、「完全に」とか「一部が」といった言葉がついている事が多く、そのどちらの言葉がついているかによって全く判定の範囲が変わってくるので、そこだけ注意が必要です。

他にも「アタック」や「ブロック」の反則について別記事で詳しく解説していますので、良かったらご覧ください。

あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】
ソフトバレーボールのルール【アタックヒット】本日もソフトバレーのルールについてルールブックの記述を紹介、解説していきたいと思います。【『アタックヒット』に関するルール】今回は『アタックヒット』について...
あわせて読みたい
ソフトバレーボールのルール【ブロック】
ソフトバレーボールのルール【ブロック】【ブロックのルールを紹介】ルールは日本バレーボール協会が発行している2020年度版『ソフトバレーボール競技規則』に記載されている内容です。(1) ブロックとは、選手...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる