ソフトバレーを続けていく事で得た最大の財産とは?

今回は「ソフトバレーを続けてきた中で得た最大の財産」については間違いなくコレです!という物があるのでその話をしていこうと思います。

この記事はこんな人向けです。

  1. ソフトバレーを始めたばかりでまだ右も左もわからない人
  2. ソフトバレーを続けている意味を見出だせくなってきた人
  3. 勝つことばかり考えてしまうけどなかなかうまくいかない人

それではソフトバレーボールを続けていくと得られる最大の財産について説明していきますね。

目次

『人とのつながり』が最大の財産

ソフトバレーをやっていく中で得られる最高の財産、それは『人とのつながり』です。

しかもソフトバレーボールという競技は『人とのつながり』をとても見つけやすい競技だと思っていて、その理由を今から説明していきます。

理由その①:様々な世代の人と知り合いになれる

過去の記事でも何回か書いてきましたが、ソフトバレーは本当にいろんな世代の人と出会う事が多いスポーツです。

ソフトバレーは幅広い世代で男女混合で楽しめるスポーツなので、練習場所に行けば本当に色々な世代の色々な境遇の人と出会うことができます。

さらに大会に一緒に出るとなったら、どんな世代の人とも練習したり、チームを組んだりすることができるわけです。

大会に出るための練習や大会を一緒に経験することで、「苦しかった思い出や楽しかった思い出」を一緒に作ることができて、それがさらにその人との絆を作ってくれることになるというわけです。

理由その②:自分が心地よいと感じる場所が必ずどこかにある

幅広い世代の色々な境遇を持った人が集まっているスポーツなので、本当にチームや練習場所によって雰囲気やレベルも様々です。

なので必ず自分にとって「居心地のいい場所」が見つかるんですね。

例えばですが・・・

  • 自分が年上の経験豊富な人にソフトバレーを学びたいと思ったら、昔からソフトバレーをやってる人がたくさんいる大きなチームに入れてもらうことができます。
  • 自分が経験を多く積んできて若い人たちを育てたいと思ったら、ソフトバレーを初めたばっかりの若い人たちを集めてチームを組むこともできます。
  • 同年代とチームを組んで世代別で最強を目指すということもできますし、その逆に様々な世代を集めて楽しむことをメインにした練習場所を作る事もできます。

こんな感じで本当にソフトバレーは目的も練習の理由も自由に決めることができるスポーツで、どこかに自分の求める環境があるんですね。

もちろん、求める環境がなかったら自分で作ることもしやすいと思います。

一番大事なのは同じ楽しさを共有できる仲間

そして、自分がやりたい楽しみ方を追求する上で最も大事になってくるのが、『自分のソフトバレーの楽しみ方を同じように楽しいと感じてくれる仲間』なんです。

幅広い世代の中から見つけることができる

ソフトバレーは本当にいろんな世代の人がいるので自分と同じ楽しさを共有してくれる人が絶対にどこかで見つかるんです。

ソフバライフ
ソフトバレーの楽しさを追求するのに年の差は関係ないですよね。

むしろ同年代ではなかなか気が合う人が見つからないって人だって、年が離れている人のほうが気が合う、なんてことだってあるはずです。

ただし、自分だけが楽しんでても本当の楽しさは見つからない

だからといって、人に迷惑をかけるような楽しみ方をしているといつまでたっても仲間は見つかりませんし、最悪ソフトバレーをやってくれる人が周りからいなくなってしまう事だってあります。

そうなってしまったら、ソフトバレーの楽しさは逆に離れていってしまいます。

だからといって、一回の失敗で二度とソフトバレーができなくなるなんて事はめったにありませんし、経験を生かして多くのことを学んでいければちゃんと変わっていけると思います。

自分も昔は目先の勝利だけを追いかけていた

私も最初は目先の勝利ばっかり追いかけて全然そういったつながりを作ることができませんでした。

でも、チームの人間や一緒に練習させてもらってるチームの人たちから様々な事を教えてもらって、ソフトバレーで人とのつながりを得る事が本当に楽しいという事を経験することができたんです。

まとめ

私の人生を振り返って、人生を楽しくさせてくれた事は間違いなく『ソフトバレーをやっていた事』、そしてそこで得られた『人とのつながり』が最も人生を豊かにさせてくれた事だと断言できます。

もちろん、これは自分の価値観や考え方の癖を変えるくらい本気でソフトバレーに取り組んだ結果得られたものだと思っています。

ソフバライフ
特に「まだソフトバレーを初めたばかりの人」や「たまに助っ人で試合に出るくらいでそこまで楽しみが分からない」という人がいましたらぜひとも本気で取り組んでみてくれると嬉しいです。

絶対に自分と同じようなソフトバレーの楽しみ方をしたい人と出会えますし、そのつながりが人生を本当に豊かにしてくれますよ。

あわせて読みたい
練習場所に人を増やしたい時に心掛けていくべき事
練習場所に人を増やしたい時に心掛けていくべき事ソフトバレーだけでなく社会人スポーツで必ず問題になる事といえばなんでしょうか?それは「練習に必要な人数を確保すること」だと私は長年ソフトバレーをやってきた中...
あわせて読みたい
『ソフトバレー』の普及に貢献したいと思う理由
『ソフトバレー』の普及に貢献したいと思う理由一番最初の記事にて私のブログ開始のきっかけを書きましたが、本日はソフトバレーの普及の力に少しでもなりたいと思ったきっかけについて説明していきたいと思います。...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる